> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行−郵政改革法案骨子(時事通信)
 亀井静香金融・郵政改革担当相と原口一博総務相は20日午前記者会見し、今国会へ提出予定の郵政改革法案の骨子を発表した。日本郵政グループの組織再編や郵便、金融に関する全国一律サービスの義務付け、新規金融事業の認可制から届け出制への緩和などが柱。関連法を含め2011年10月1日までに施行したい考えだ。
 亀井担当相は会見で「各界や連立3党から丁寧に意見を聞き、誠心誠意中身に組み込んだ。自信を持って法案を出す」と強調。今後、詰めの作業を急ぎ27日にも閣議決定し、今国会での成立を目指す。同法成立時には郵便貯金の預入限度額を2000万円(現行1000万円)、簡易生命保険の加入限度額を2500万円(同1300万円)にそれぞれ引き上げる方針だ。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

河村市長が公開議案説明、市民から賛否(読売新聞)
【from Editor】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
将棋 三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
[PR]
# by jtz93mqcgo | 2010-04-22 10:46
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)
 【ワシントン=佐々木類】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山政権が目指す5月末までの決着が困難になっているのを受け、米政府は飛行場を継続使用していくとの判断を固めたことが分かった。複数の日米関係筋が明らかにした。米政府は今後、鳩山政権の出方を見守りながら、継続使用する考えを日本側に伝えるタイミングをはかっていく。

 日本政府が新たに検討しているキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)南方沖の浅瀬案は、同沿岸部へ移設するとした現行案を事実上、微修正したに過ぎず、米側が容認する可能性も残されている。しかし、日米関係筋によると、米政府が普天間飛行場を継続使用せざるを得ないと判断したのは、同案の与党内の調整が困難で合意できる見通しがないとみているからだ。

 米政府は、現行案を「最善」としながらも、2月ごろまでは「さまざまな異なる可能性に向き合う用意がある」(キャンベル国務次官補)として、決断を先送りする鳩山政権に「忍耐」を示してきた。

 しかし米政府はこうした方針を転換し、3月下旬に訪米した岡田克也外相にゲーツ国防長官が「海兵隊の沖縄駐留が政治面でも部隊運用面でも持続可能なものでなければならない」と米側の具体的な意向を初めて伝えた。

 「政治面」とは、移設先の地元の合意が必要だという意味であり、「部隊運用面」が、航空、地上、訓練場所が同じ地域にあるという意味であることを踏まえれば、2つの条件を「持続可能」とするには、現行案を履行する以外の選択肢はあり得ないというメッセージだった。

 迷走を続ける鳩山政権について、米政府高官は日米関係筋に、「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」と語ったという。その具体的な答えが、12日の核安全保障サミットの夕食会を利用した10分間の非公式会談だった、という。

【関連記事】
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます 
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権
【鳩山政権考】不実で不透明な普天間論議
鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」
外国人地方参政権問題に一石

<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判(産経新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
[PR]
# by jtz93mqcgo | 2010-04-20 03:47
特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
 厚生労働省医政局は4月1日付で、一定の研修を受けた特別養護老人ホームの介護職員が、胃ろうによる経管栄養や口腔内の吸引を実施することを「許容」する通知を各都道府県知事にあてて出した。

 通知で認められたのは、特養で行われる口腔内のたんの吸引(咽頭の手前まで)と、胃ろうによる経管栄養(チューブ接続などは看護職員の業務)。また、実施に当たっては、モデル事業(12時間の研修を受けた看護師が施設に戻り、介護職員に対して14時間の研修を行う)と同等の研修が必要としている。入居者本人(本人に同意する能力がない場合は、その家族など)が書面で同意する意思を示す必要がある。

 その他の実施条件として、▽医師の指示の下、看護師と連携しながら実施する▽たんの吸引等に関して、一般的な技術の手順書が整備され、適宜更新されている▽ヒヤリ・ハット事例の蓄積・分析など、定期的な実施体制の評価・検証が行われている▽たんの吸引などが必要な入所者ごとに、個別具体的な計画が整備されている▽安全確保のための体制整備を行うため、施設長の統括の下、施設内委員会が設置されている―なども示された。


【関連記事】
特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に
特養の介護職員の医療行為は「緊急避難」
特養の医行為モデル事業、介護職員の業務範囲は?
介護職員による吸引と経管栄養を試行へ―特養の医行為モデル事業
看護職の9割が介護職の喀痰吸引に賛成―全老施協調査

<生活保護>未救済の低所得者3割(毎日新聞)
<暴行>強制送還機内で暴れナイジェリア人逮捕 成田で1月(毎日新聞)
トマホーク退役で破れる「核の傘」 危機感薄い首相「核のない世界へ一歩」(産経新聞)
普天間問題未解決なら首相の辞任は当然 国民新・下地氏(産経新聞)
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
# by jtz93mqcgo | 2010-04-13 09:52
自民党 「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も(毎日新聞)
 自民党は週明けから与党時代に設置した政務調査会の「無駄撲滅プロジェクトチーム」(河野太郎座長)を再起動させ、政府の10年度予算を「逆・事業仕分け」する。また、今夏の参院選を挙党一致で戦うため現行の選対本部を組織改編し、中堅・若手議員を積極登用する方針。執行部は両院議員懇談会を機に党内対立を収束させ、ようやく反転攻勢に打って出る構えを示した。

 「逆・事業仕分け」は5、6両日に実施。第1弾として、子ども手当(厚生労働省)▽高速道路無料化社会実験計画(国土交通省)▽農業の戸別所得補償制度に関するモデル事業(農水省)−−など政府・民主党の目玉政策を対象にする。

 河野氏は昨年11月、政府の事業仕分けを視察した際、「うらやましい」とこぼした。与党時代、自身の取り組みが党内で足を引っ張られたためだが、今回は大島理森幹事長ら幹部が「仕分け人」に加わる。シンクタンク「構想日本」の協力も取り付け、「仕分けはこちらが元祖」と意気込む。第2弾以降も準備している。

 一方、選対の新組織は、総裁、党三役、参院幹部らをメンバーとする従来の選対本部がともすれば「名ばかり組織」だったことを反省し、「権限と責任を伴う実効性を持ったもの」(幹部)にする。中堅・若手も役員待遇になり、参院選のキャッチコピーや遊説の企画・立案などを担当するほか、党政調と連携して政権公約作りにも関与する。

 谷垣禎一総裁は1日の両院議員懇で「人事を大きくいじろうという考えは毛頭持っていない」と述べ、参院選前の執行部交代を明確に否定。目立った反論はなかった。

 中堅・若手を選挙態勢に組み込むのは、執行部が「このままでは参院選を戦えない」という批判を逆手に取った側面もある。党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相を新組織の主要ポストで処遇することを検討しているが、舛添氏は役職就任を拒否する意向だ。

 「谷垣降ろし」に火をつけた舛添氏と与謝野馨元財務相はこの日の懇談会に姿を見せず、谷川秀善参院幹事長は「ご予定があったのかどうか知らないが、来なきゃあかんわね」と不快感を示した。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で

川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)
ベトナム原発建設のトップセールス 首相に親書(産経新聞)
<被爆マリア像>「戦争の悲劇伝えたい」 初の渡米 長崎・浦上天主堂(毎日新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
<普天間移設>仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
[PR]
# by jtz93mqcgo | 2010-04-08 12:19
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕−山口県警(時事通信)
 飲酒運転で追突事故を起こし逃走したとして、山口県警山口署は29日、道路交通法違反容疑で、陸上自衛隊山口駐屯地勤務の3等陸曹安武勇人容疑者(27)=山口市上宇野令=を逮捕した。同署によると、「間違いない」と認めている。
 逮捕容疑は28日午後10時ごろ、同市維新公園の県道で、アルコールを帯びた状態で車を運転し、追突事故を起こしたにもかかわらず、警察に報告せず、逃走した疑い。同容疑者からは呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールが検知された。 

【関連ニュース】
警視庁警部補を逮捕=女性衣類の窃盗未遂容疑
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検

積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)
民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
若林氏の議員辞職は当然=民主・山岡、輿石氏(時事通信)
<中国毒ギョーザ>公安当局の説明になお疑問も(毎日新聞)
深夜、川に飛び込みか 救助の男性死亡 大阪・淀川区(産経新聞)
[PR]
# by jtz93mqcgo | 2010-04-05 10:48
   

新聞記者のやる気まんまんブログ
by jtz93mqcgo
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧